孫におすすめ

姫路市のおすすめ旅行スポット!祖父母とお孫さんが一緒に楽しめる

お孫さんと一緒の旅行は、普段見られないお孫さんの表情などを見ることができ、おじいちゃんおばあちゃんにとっても楽しいひと時を味わえますよね。

でも、お孫さんだけを中心に旅行のプランを考えてしまうと、おじいちゃんおばあちゃんはちょっぴり疲れてしまうものです。

そこで、おじいちゃんおばあちゃんも無理なくお孫さんに付き合える、おすすめの旅行プランを、姫路市を中心にご紹介したいと思います。

 

お城で有名な姫路市

姫路市は兵庫県の南西部にある、お城で有名な都市です。

姫路城は2015年に平成の大修理が行われ、現在はその城壁が白く輝いています。

また、映画のロケ地としても使われることが多く、お祭り所としても有名な都市です。

お城と動物園のセットでおじいちゃんおばあちゃんも満足「姫路市立動物園」

お城で有名な姫路市ですが、おじいちゃんおばあちゃんはお城に興味があっても、お孫さんは全く興味がなかったり、興味を示すような年齢ではない場合もありますよね。

そこでおすすめしたいおでかけ場所が「姫路市立動物園」です。

この動物園は姫路城三の丸広場に隣接して作られていて、お城のすぐ近くで動物を見ることができるんです。

園内には、象の『姫子』やキリンの『姫リン』などが待ってくれています。

 

また、ふれあい広場が設置されていて、時間こそ決められているものの、モルモット、ヤギ、羊、アヒル、ブタなどの動物に直接触れることができます。

なんといっても、この動物園の良いところは、それほど敷地が広くないことです。

確かに、広い動物園だと、あれもこれもと多くの種類の動物を見ることができますが、あまりに広すぎると園内を回るだけで大変ですよね。

また、園内には小さな子が楽しめる乗り物もいくつかあり、お孫さんが乗り物を楽しんでいる間、おじいちゃんおばあちゃんはつかの間の休憩をとるのもいいですよね。

 

そして、動物園を満喫した後は、園を出たところにある姫路公園の芝生の上で休憩しながら、姫路城を眺めるもよし、姫路城内で、スマホを使った、ARやCGを楽しむのもよし。

当日の体力と相談して、決めてくださいね。

 

ちなみにAR機能を使うと、アプリケーションをダウンロードして、スマホを決められた場所に向けると、画面上に、城兵の姿が現れ、射撃する動画が流れるなど、昔の姫路城の姿を体感できるようになっています。

これなら、お城に興味がないお孫さんも、興味を示してくれるかもしれません。

将来は歴史を研究する人物になっているかもしれませんよ。

姫路市立動物園

車に乗ってらくらく動物とふれあえる「姫路セントラルパーク」

動物は好きだけれど、それだけでは物足りないというお孫さんなら、「姫路セントラルパーク」がおすすめです。

「姫路セントラルパーク」はサファリと遊園地やプールが融合した施設。

生まれたばかりのキングチーターの赤ちゃんがいたり、動物にエサやり体験ができたりと、姫路市立動物園とは一味違った楽しみ方ができます。

そして、おじいちゃんおばあちゃんへのおすすめポイントは、サファリ内を車で移動できるところ

マイカーやサファリバスでサファリ内を回ることができ、座っていながらにして、ライオンやシマウマ、カバなどの動物を見て楽しむことができますよ。

 

そして、サファリを十分楽しんだ後は、遊園地へ。

大きなお子さんが楽しめるようなジェットコースターのような乗り物もありますが、小さなお子さんといっしょにゆったりと乗れる蒸気機関車の乗り物などもあります。

ジェットコースターに一緒にのる役はパパやママにまかせて、おじいちゃんおばあちゃんは激しくない乗り物を担当したり、レストランなど休憩場所もあるので、疲れたら少しの間別行動で休んだりと工夫してみてくださいね。

姫路セントラルパーク

御座候が食べられる和菓子好きにはたまらない「あずきミュージアム」

少し珍しいお出かけ先としてご紹介したいのが「あずきミュージアム」です。

こちらは、世界で唯一の小豆の博物館。

姫路市の老舗和菓子メーカーが作ったこのあずきミュージアムでは、小豆のことに関するさまざまな知識を身につけることができるほか、あずき御膳や紅白ぜんざいなどを楽しむことができるレストランも併設されています。

御座候という今川焼に似た和菓子の出来立てを食べることもできますよ。

動物園や遊園地といった、定番のお出かけ先には飽きてきたというファミリーには特におすすめのお出かけ先ですよ。

あずきミュージアム

特別な旅を姫路市で三世代で

動物園や遊園地など、定番の観光を楽しんだり、お城やあずきミュージアムなど、そこにしかないものを楽しんだりすることができるのが姫路市です。

お孫さんを思いっきり楽しませることができ、なおかつ、おじいちゃんおばあちゃんが無理することのない旅行プランも立てやすいと思いますので、ぜひ遊びに行ってみてくださいね。