パパ・ママとの関係

孫の運動会に呼ばれない?行きたいときはどう伝えればいい?

保育園・幼稚園、小学校などでの運動会は、園や学校で過ごすお孫さんの勇姿を見ることができる、数少ない行事のうちの一つです。

でも、もうそろそろ運動会の時期なのに、パパママからお誘いがないな、なんてこともあります。

できれば見に行きたいけれどもどうしたらいいのだろう?と思っているおじいちゃんおばあちゃんに、運動会に呼ばれない理由と、行きたい時にとるべき行動をご紹介したいと思います。

 

ただ単純に忘れているだけ?

パパやママにとっても一大イベントの運動会。

それが初めての運動会だと、おじいちゃんおばあちゃんに声をかけて見に来てもらう、ということが思いつかないということもあるようです。

普段から、ちょっとうっかりしているパパママだったり、お仕事などで毎日を忙しく過ごしているパパママだと、おじいちゃんおばあちゃんに声をかけるのを他意なく忘れてしまうこともあるようです。

できれば、パパママの余裕がある時に園行事の時期を確認しておいて、その時期が近づいたら、おじいちゃんおばあちゃんの方から声をかけてみてはいかがでしょうか?

 

 

場所が遠くて誘いにくい

ママが実家から遠くに嫁いだ場合や、パパが実家から離れた場所に就職して、その土地で結婚した場合など、お孫さん家族のお家と、おじいちゃんおばあちゃんのお家が離れている場合がありますよね。

この場合、パパやママはおじいちゃんおばあちゃんに気を使って声をかけにくいということもあるようです。

  • 日帰りで行き来しにくいほど離れていると、
  • 自宅に泊まってもらうのかどうか
  • ホテルをとるのか
  • 旅費の負担もあるし…

といろいろ考えてしまうのです。

また、普段、おじいちゃんおばあちゃんに電車で来てもらった時には駅まで迎えに行くなどできるような環境でも、運動会当日ともなると、お弁当の準備などで早朝から大忙しで、いつもと同じ対応ができないわ、ということもあるかもしれません。

そういう理由が想定できる場合、

  • 旅費の心配や泊まる場所の確保は問題ないこと
  • 当日はタクシーなどを利用すること

などを伝えてみてはどうでしょうか?

問題がクリアになることを知れば、パパママもおじいちゃんおばあちゃんに安心して声をかけてくれるかもしれませんね。

 

 

お弁当がママの頭を悩ませている

当日のお弁当が、おじいちゃんおばあちゃんに声をかけるのを戸惑わせる一因になっているかもしれませんよ。

普段から、ママが作ったお料理をおじいちゃんおばあちゃんも食べているというのであれば、お弁当も問題ないのかもしれませんが、そうではない場合、おじいちゃんおばあちゃんの分のお弁当のメニューなどのことで悩んでしまって、結果的に運動会自体に呼びにくくなってしまうということもあるようです。

そういった理由が考えられる場合は、お弁当について、ママの負担が減るような提案をしてみてはいかがでしょうか?

  • 自分たちの分のお弁当は自分たちで準備する
  • お孫さんの出場時間帯だけ参加して、お昼は会場では食べない

などの提案をしてみてはいかがでしょうか?

せっかくの機会なのにお弁当問題だけで参加できないのは寂しいですよね。

ママの負担をできるだけ減らしてあげる工夫をしてみてくださいね。

 

 

お孫さんの兄弟間の問題

お孫さんが兄弟で別々の園に通っていたり、小学生と幼稚園児だったりする場合があります。

日程も、1、2週間あけての週末に行われたりという場合もありますよね。

この場合、両方の運動会に行くことができればいいのですが、おじいちゃんおばあちゃんのお家が遠くて、気軽に呼べるような距離ではないということも。

何度も足を運んでもらうのは負担がかかって申し訳ない、けれどもどちらかの運動会にだけ呼べば、どちらかの兄弟にとって不満が残ってしまいかねないし、不公平になってしまう。

結果、どちらの運動会にも招待しないということもあるようです。

この場合の解決策としては、兄弟で別々の行事に参加することを提案してみるのはいかがでしょうか?

例えば、

春にはお兄ちゃんの運動会に参加

秋には、弟の敬老会に参加

秋にお姉ちゃんの運動会に参加

冬に妹のお遊戯会を見に行く

などすれば、続けて運動会に参加するよりは負担も少なく、パパやママの心配も減るのではないでしょうか?

この場合、お孫さんが納得している必要もありますよね。

自分が運動会に来て欲しいと思っていたのに、おじいちゃんおばあちゃんはお兄ちゃんの運動会に来て、自分の運動会には来てくれなかったとなると、兄弟ゲンカの元になってしまいます。

それは避けたいですよね。

また、お孫さんがまだ小さいと、何ヶ月も前の話を覚えていられなかったり、逆に何ヶ月も先のことを考えられなかったりして、トラブルの原因にもなりかねません。

そうならないように、パパやママの意見を聞いて、無理なようなら諦める判断もしてください。

 

 

どうがんばっても無理な場合も…

おじいちゃんおばあちゃんがどのような提案をしようと、パパやママがどんなに工夫をしようと思っても、残念ながらおじいちゃんおばあちゃんは運動会に参加できない場合があります。

それは、園側の都合で参加を控えていただくように言われている場合です。

園庭などが小さい場合、人数の関係上、パパママ以外の参加者を制限している園があるんですって。

そういう理由なら諦めるしかないですよね。

パパやママにたくさん写真や動画を撮ってもらって、その中に映るお孫さんの勇姿を楽しんでくださいね。

 

運動会に限らず日頃から相談できる関係性で

パパママがおじいちゃんおばあちゃんを運動会に呼びにくい、声をかけない理由は様々あるようです。

普段から、パパママとコミュニケーションをとっておき、いざという時も、十分話し合いが持てるようにしておくといいかもしれません。

問題が解決して運動会に行けるとなったときは、お孫さんが活躍する姿をしっかりとみて応援してあげてくださいね。

▼運動会におすすめのカメラはこちら!
[kanren postid=”500″]