孫におすすめ

1歳の孫に贈りたい!ワンランク上の木の知育玩具6選

もうすぐ1歳になるお孫さんのいるおじいちゃん・おばあちゃん。

また、今現在1歳のお孫さんがいるおじいちゃん・おばあちゃん。

お誕生日やクリスマスなどに木のおもちゃをプレゼントしたいと思ったことはありませんか?

木製のおもちゃはどれも温かみがあり、口に入れても安心

ぜひ、大切なお孫さんに贈りたいと思う品物の1つではないでしょうか。

たくさんある木のおもちゃの中から、

  • このブランドだと嬉しい
  • こんなおもちゃだと長く遊べる
  • これだと人と重ならない

というような視点で、ワンランク上の木の知育玩具をまとめてみました。

1歳のお孫さんはどれが好きそうか、お顔を思い浮かべながら見ていってくださいね。


ドイツ ベリデザイン社 ≪クーゲルン≫

 

形のアイデアと鮮やかなカラーが魅力のドイツ・ベリデザイン社のベビー用玩具。

丸まったり、広がったり、握ることで様々な形に変化するので、お孫さんは夢中になること間違いなし。

手と目を働かせることによって、お孫さんの脳を刺激する知育玩具になりますよ。

虹色のようなグラデーションは、大人も子どもも問わず、球や直方体の様々な木製パーツに、思わずさわって遊んでみたくなる不思議さがあります。

ドイツで生産されており、赤ちゃんが舐めても安心な塗料だけを使用していて、安心して手渡せます。

 

ボーネルンド ≪オリジナル積み木≫

 

ドイツの教育学者で、有名なフレーベルが「神の贈り物」と呼んでいた積み木

誰でも遊んだことのある基本の玩具だからこそ、正確で良質なものを…とボーネルンドが開発したオリジナル商品です。

ブナのしっかりとした重みと握りやすさや固さは、手の感覚を育みます。

最低限の面取りでピース同士の接する面を広く取り、重心をとりやすい適度な重さに仕上げられています。

そうすることで、高く積み上げても傾いて倒れにくく、小さなお孫さんでも扱いやすいようになっています。

しっかりとした木箱に入っているため、パズルのように「はめこみ遊び」ができたり、お片づけも簡単ですから、はめこみ遊びだけでもじっくり遊べそうですね。

 

ボーネルンド ≪ルーピング フリズル≫

 

色とりどりのワイヤーにそってビーズを動かして遊ぶものです。

大人にとっては単純なあそびでも、子どもはくるくる回ったり、カーブを滑ったりするビーズの動きに夢中です。

何度でも飽きることなく繰り返して遊ぶことができます。

ワイヤーは自動車と同じ吹きつけ塗装でボールをスムーズに動かせます。

色や形や大きさの認識力を養い、目と手の協応運動を促すことで脳を刺激。

繰り返し遊ぶことで、思い通りに指を動かすことを身に付けていきます。

縦の動きは少し難易度が上がります。

直線や、回りながらの縦の動きに挑戦すると、ものすごい集中力が生まれます。

ボールを上から下に勢いよく落とすと、ジェットコースターのようにボールが滑り降りますし、3本のワイヤーが交わっているため、より前後の奥行を感じることができます。

 

エデュテ≪ラトルTOWER≫

 

たっぷり入った32個のカラフルな木の玉が、3段のタワーの中をカラカラと音を立てながら移動する木のおもちゃです。

音を鳴らして楽しんだり、落ちていくカラフルな木の玉を眺めたり、視覚と聴覚で楽しむことができますよ。

何度もひっくり返して落ちてくる木の玉を動かして遊んだり、本体を横向きにしてコロコロ転がして遊ぶこともできます。

 

キャンプヒル≪メリーゴーランド≫

 

ターンテーブルに乗ったポニーがクルクル回って、天然木の温もりが伝わってくるイギリスキャンプヒルのおもちゃです。

ポニーが乗ったターンテーブルを回すと棒にリボンが巻きつき、放すと巻きついたリボンの反動でクルクル回ります。

回りきると、今度は反対向きに巻きつきまた回る…その繰り返しです。

単純な仕掛けですが、子どもも徐々に回る仕組みを理解してくるため、夢中になって遊んでくれます。

天然木を使用していますから、ひとつひとつ、木目や色合いが違うのもおしゃれですよ。

 

グリム社≪円錐積み木≫

 

棒の付いた台座に大きさの異なるリング状のピースをさしこんで遊ぶドイツ グリム社の積み木です。

置いておくだけでもおしゃれなので、出したままでもインテリアになりパパママにも喜ばれるはず。

大きさの順番に通したり、好きな色のピースを通したり…一つ一つカラフルで鮮やかな色のピースは、遊びの楽しさを膨らませますよ。

また、ピースに厚みがあるので、転がして遊ぶこともできますし、塗料には舐めても安全なものを使用しているので、小さなお孫さんにも安心です。

 

1歳の大事な時期こそ木の贈り物を

1歳というと、どんどんと好奇心が湧き、色んな物を触ったり、口にしたりすることで発達していく大事な時期です。

そんなときだからこそ、ぬくもりを感じられて安全な物を使っている木の贈り物はお孫さんの成長の助けとなるでしょう。

目や手、体の様々な動きの発達を促してあげられるこの時期に、しっかりと上質な木のおもちゃで遊ばせてあげられると良いですね。