孫知識

孫のお宮参りの服装はどうあるべき?マナー知らずにならないために

赤ちゃんの健やかなるの成長をお祈りする、お宮参り。

孫のお宮参りに参加できるとなると、うれしいですよね。

でも何を着ていけばいいのか困っていませんか。

  • 正装なのか
  • 普段着でいいのか
  • 和装なのか
  • 洋装なのか

どんな服装にすればいいのか迷ってしまいますよね。

そこで今回は、祖父母がお宮参りで着ると良い服装とマナーについてご紹介します。

あわせて読みたい
孫のお宮参りが夏!祖父母におすすめの服装とコーディネートご紹介お孫さんのお宮参りはおじいちゃん、おばあちゃんにとっても最初の大事なイベントです。 どんな格好をしたらマナー知らずじゃないのか、恥...

パパママの服装と合わせる

基本的には、赤ちゃんやパパやとママの服装に合わせるのが無難です。

昔は、赤ちゃんのお宮参りでの正式な服装は、肌着の上に白羽二重の内着を着せ、その上に紋の付いた晴れ着を羽織らせる和装が一般的でした。

しかし、近年では出産時に病院から退院するときに着せている、洋装のベビードレスをお宮参りでも着せることが多くなってきました。

ママの服装は赤ちゃんに合わせて洋装、和装にするケースがありますが、パパは赤ちゃんが和装でも洋装のスーツを着ていることが多いです。

祖父母もパパとママの服装に合わせておけば基本的には問題ないです。



お宮参りで祖父におすすめの服装

一般的に、パパは洋装の場合が多いので祖父も洋装に合わせるといいですよ。

白いワイシャツに、ブラックや紺などの落ち着いた色のフォーマルスーツがおすすめです。

ネクタイはスーツに合わせてフォーマルなものでもいいですし、祖母の服装に合わせた色合いでもお洒落に見えますよ。

気候に合わせて、ジャケットやコートを羽織りましょう。

夏場は暑いので、シャツは半袖でもOKです。

ジャケットやネクタイは祈祷時や写真撮影のときのみ着用でも問題ありません。

 

お宮参りで祖母におすすめの服装

祖父よりも、祖母の方が服装に迷うのではないでしょうか。

男性は、無難にスーツでも問題ありませんが、女性は難しいですよね。

洋装の場合は、目立ち過ぎない色のスーツやワンピースがおすすめです。

気候に合わせて、ジャケットやコートを羽織りましょう。

和装の場合は、淡い色の色留袖や訪問着がおすすめです。

柄物でも大丈夫ですが、あまり派手でないものがいいですよ。

気候に合わせてショールや和装コートを羽織りましょう。

祖父とは違い、祖母の場合、服装で気を付けなければならないことが一つあります。

お宮参りでは、昔からの習わしで父方の祖母が赤ちゃんを抱っこするケースが多いです。

そのため、父方の祖母の場合は、赤ちゃんを抱っこしやすいようなスタイルがいいですよ。

お宮参りが、晴れやかになるようにと、コサージュやブローチなどのアクセサリーをつけていると、誤って赤ちゃんを傷つけてしまう恐れがあるので、やめましょう。

自分の身なりも大事ですが、抱っこしやすいように歩きやすいように靴にするなど赤ちゃんのことを第一に考えた服装にしましょう。

 

\オシャレで洗練された大人の洋服はこちらがおすすめ!/
DoCLASSE公式通販サイトはこちら

どうしても和装が着たい!だけど一人だと浮いちゃう?

見た目に華やかに見えるのは、やはり和装です。

孫が生まれて初めての大イベントなので、はりきって普段は着ない和装を着たい思う祖父母の方も多いのではないでしょうか。

赤ちゃんやパパママは洋装だから和装は着れない、ということはありません。

一人でも和装の人がいると華やかになりますし、写真映えもします。

服装をきちんとしすぎていても失礼ではないので、和装が着たい人は和装を着ても問題ありません

その場合は、事前に和装を着ていく旨を家族に報告しておくといいでしょう。

 

お宮参りで事前にどんな服装にするか相談しよう

自分だけで服装を決めるのは、難しいですよね。

事前にパパやママにどんな服装にするか、相談しましょう。

また、相手方の祖父母も参加するのであれば、相手方の服装も聞いてみましょう。

相手方の祖父母とあまりにも雰囲気が違ってしまうと、すこし気まずい雰囲気になるかもしれません。

特に和装の場合は、着物に書くがありるので注意が必要です。

着物の格は、高いものから順番に

  • 色留袖
  • 訪問着
  • 色無地

となっています。

事前に両家の祖母が和装でくることが分かっているのであれば、同じ格の和装で合わせた方が無難です。

また、当日に「なんでそんな服装で着たの?」なんて言われないために、自分はどんな服装で行くのかをあらかじめ伝えておくことも大切です。

もしかすると、パパママから服装の要望があるかもしれません。

 

 

気慣れない和装を着るときの注意点!

和装の場合は、普段着慣れていない人が多いので注意が必要です。

和服は帯で体を締め付けやすく暑いので、夏場は着ているだけでもしんどいです。

祈祷の時間も神社によってばらつきがありますが、長時間になるところもあります。

また、お宮参りの神社が遠いと、歩く時間も長くなります。

慣れない服装で長時間孫を抱っこするのは、身体にも大きな負担となります。

気候や自分の体調をみながら、和装を着ても大丈夫そうか考えてみましょう。

当日の体調がすぐれない場合は、避けた方が無難かもしれません。

 

かわいい孫の幸せを願う大切なお宮参りに、服装のことで悩んだり、直前まで着る服が決まらずバタバタしないように、早めに準備しておきましょう。